安孫子宏輔(Candy Boy)の「あびこ菓子」 〜幸せって食べたら甘いと思う。〜 #011 ゼリー

Candy Boy・安孫子宏輔さんのスイーツ連載「あびこ菓子」。 今回のテーマはゼリーです。本格的に暑さを増してきた今、一番おすすめなのがコレ!


第11回 安孫子さんとゼリー


――今回はゼリーがテーマですが、好きなのはやっぱりフルーツゼリーとか?

そうですね。昔からおやつで何を食べていたかというと、ゼリーですよね。

身近な存在過ぎて気付かないけれど、もともとゼリーってスイーツだよなって。

一般の食事の中に溶け込んでいますよね。多分、生まれて初めて食べたスイーツってみんなゼリーなんじゃないかと。そうなると、生活の中にあるスイーツだなと思うんですよね。

そして、これからの夏場、何を食べたいかと考えたとき、やっぱりゼリーとかアイスになりますよね。

――どこでも買えるところがいいですよね。

コンビニ、スーパー、どこでも手に入るし、作るのも簡単じゃないですか。冷やし固める系のスイーツは、お菓子作りが初めての人でも挑戦しやすいですよね。

食べたいフルーツを買って来て、ゼラチンで固めればできるし、見た目もキレイ!

人間、透明なものって惹かれるじゃないですか。

透けているだけでキレイに思えますよね。写真映えするスイーツが取り沙汰されるなか、ゼリーなんて簡単だし、まさにおすすめですよね。

僕が前に作ったレアチーズケーキは、上にアガーを掛けて透明にしたんですけれど、みんなに「すごい!」って褒められました。

実際は流して固めるだけなんですけれど。

透明は映える要因なんですよ! フルーツも色鮮やかですし。

――なんだかゼリーがとても魅力的に思えてきました。

あとは、種類が豊富だから飽きない。ゼリーを凍らせて食べるのも好きです。

これだけ受け入れられているスイーツは他にないかも。プリンはまだスイーツとして意識するじゃないですか。でも、ゼリーは普通に居るんですよ。

ヘルシーだし。これだけ罪なく食べられる甘いものはない。僕は時々体を絞ることがあるんですけれど、甘いものは食べたくなるんですよね。

甘いものに手を出すのが、罪悪感があるときに、ゼリーの心強さはすごいですよね。糖質ゼロとかあるじゃないですか。

――病気のときとかも食べますよね。

そうなんです。ゼリーは優しいんです。お子さんにも優しいし、病中、病後にも優しいし。

――こんなに優しいとは、意識してなかったですね。

よく考えてみたら、すごく優しい子でした。

――「ゼリーは優しい子」。良いまとめになりました。ありがとうございました。

撮影|伊藤 駿


安孫子さんが所属するCandy Boyってどんなグループ?

Candy Boyは2015年結成の「フレンチ」をテーマにしたトータルエンターテインメント集団。

おしゃれなレストランやカフェを貸し切って行われる「カフェ公演」を中心に活動し、フレンチポップな楽曲やバレエリズムダンスが融合したお芝居でファンを魅了しています。

最大の特長は、ボーイズグループ随一といっても過言ではないエレガントさ。

メンバー8人が紅茶アドバイザー、チョコレートマイスター、チーズソムリエ、アロマ調香スタイリストなど得意分野の資格を取得しています。

Candy Boyについてもっと知りたいという人は公式サイトをチェック!
https://candy-boy.jp/