安孫子宏輔(Candy Boy)の「あびこ菓子」 〜幸せって食べたら甘いと思う。〜 #020 イチゴのショートケーキ

Candy Boy・安孫子宏輔さんのスイーツ連載「あびこ菓子」。今回のテーマはケーキの代名詞といっても過言ではない、イチゴのショートケーキについておしゃべりしました。


第20回 安孫子さんとイチゴのショートケーキ

――ケーキといえば、やっぱりイチゴのショートケーキですよね。

日本人がケーキと言って最初に思い浮かべるのは、絶対ショートケーキですよね。

お祝い事とか、嬉しいこととセットな感じがしますし、やっぱりテンションが上がるケーキですよね。

――ショートケーキといえは、「イチゴ、いつ食べるか問題」がありますけれど。

議論し尽くされたであろう問題ですよね。

僕は先端から食べていって、イチゴに差し掛かったら、そのタイミングで食べます。

わざわざよけたりはしないですね。

……え、邪道ですか?

――マネージャーさんは?

マネ 私は取っておいて、一番最後に食べますね。

――同じです。

えー!

――最後に口の中をさっぱりさせたい気持ちもあり……。

なるほど! 確かにそれはわかる。

基本的に最後においしい味で終わりたい派なので、お弁当で好きなおかずは最後に食べるんですけれど、ショートケーキに関しては、取っておいたりはしないですね。

崩してしまいそうだし。

――先に食べる人は見かけたことがないですよね。

確かに。

最初に食べるか、最後に食べるかという質問で聞かれることもありますけれど、先に食べると答えた人は見たことがないかもしれない。

――最後に食べようとよけていたら、兄弟やお父さんに食べられた思い出がありますね。

王道パターンです。古き良き日本の文化ですね(笑)。

――そういえば、イチゴのショートケーキの間のフルーツがイチゴじゃないこともありますよね。最近は少数派かもしれませんけど。

ありますね。

ちょっと許せなかったですよね(笑)。

僕、小さい頃はももの缶詰が苦手だったんです。たまにいるんですよね、ショートケーキの中に。

――いますね。

そんなときは「あっ、いたよ。あーあ」って思っていました(笑)。

イチゴのショートケーキの中身はイチゴであってほしい。

――近頃はメロンやシャインマスカットを使った、高級ショートケーキも増えましたよね。

あの形だけれど、メインのフルーツが違うというやつですよね。

でも、ショートケーキといえばやっぱりイチゴがセットのイメージがありますよね。

甘いイチゴも、ショートケーキになると主に酸味として感じるから、間に食べるといいリフレッシュになる。

でも、見た目的にもイチゴがベストなんでしょうね。

白に赤が映える感じ。

あれが黄色とかだとそんなに華やかじゃないし。日本人は好きですからね、紅白が。

――他にショートケーキの思い出ってありますか?

小学校のときに、クリスマス給食で出ました。

切り分けられたものが箱に入っていて。

学校でケーキが食べられるという特殊なシチュエーションに興奮していたと思います(笑)。

ワクワクしましたね。

そうだ!

イチゴのショートケーキは、ろうそくがさしやすいんですよ。

僕、お祝いするのが好きなので、今までいろんなケーキを用意してきたんですけれど、年を重ねてくるとだいたい洒落たのを選び出すじゃないですか。

でも、ショートケーキに勝るさしやすさはないですね。ろうそくがきれいに見えるもの。

――イチゴショートはそんな良さもあったんですね。そういえば、イチゴを嫌いな人はあまり見たことがないかもしれません。

イチゴってみんなが当然喜ぶものっていうイメージがありますよね。

だからイチゴのショートケーキは、みんなが好きなものの最大公約数に感じますよね。

あと、ショートケーキの歴史について勉強したことがあったんですけれど、最初が売れなかったらしいんですよね、日持ちがしなくて。

ブームがきたのが冷蔵庫の発達に合わせて。

冷蔵のショーケースが開発されたのに合わせて売れたと。やっぱり時代に合ったというか、技術の進歩のたびにスイーツが生まれてくるんだなと。

でも、こんなにブームになって定着したものもないんじゃないですか?

――ショートケーキって、そこまで進化したというイメージはないかもしれませんね。一番進化したなと思ったのが「飲むショートケーキ」かもしれません。

確かに。

いまだに進化を模索し続けているスイーツがある中で、「これだ!」って一発で正解にたどり着いたスイーツじゃないですか。

強いな。

――これからもずっと1位ですよね。

ケーキの絵文字っていったら、絶対にショートケーキですよね。

これからもケーキといえばショートケーキの時代は続くのだと思います。とって代わるものが想像できないですね。

――確かに、終わる気配がないですね。

長いですよね、イチゴのショートケーキ政権は(笑)。

だってもう50年、60年ですからね。

すごい。

――そうなりたいですね。

王道! 絶対になくならない、売れ続ける……憧れます!

――ありがとうございます。

撮影|伊藤 駿


安孫子さんが所属するCandy Boyってどんなグループ?

Candy Boyは2015年結成の「フレンチ」をテーマにしたトータルエンターテインメント集団。

おしゃれなレストランやカフェを貸し切って行われる「カフェ公演」を中心に活動し、フレンチポップな楽曲やバレエリズムダンスが融合したお芝居でファンを魅了しています。

最大の特長は、ボーイズグループ随一といっても過言ではないエレガントさ。

メンバー8人が紅茶アドバイザー、チョコレートマイスター、チーズソムリエ、アロマ調香スタイリストなど得意分野の資格を取得しています。

Candy Boyについてもっと知りたいという人は公式サイトをチェック!
https://candy-boy.jp/