安孫子宏輔(Candy Boy)の「あびこ菓子」 〜幸せって食べたら甘いと思う。〜 #015 ドーナツ

Candy Boy・安孫子宏輔さんのスイーツ連載「あびこ菓子」。 今回のテーマは「ドーナツ」。おなじみのドーナツチェーン店との思い出とは?


第15回 安孫子さんとドーナツ

――今回のテーマはドーナツですが、選んだ理由は何ですか?

思い返してみると、“スイーツ”というものを意識なしないときから、ドーナツは食べていましたよね。ドーナツはお出かけのときとか、ちょっとテンションが上がるときに食べることが多くて、ドーナツにフォーカスしてみようと思いました。

――やはりドーナツといえば「ミスタードーナツ」ですかね。

僕の中でのドーナツのイメージは、ミスタードーナツが強いです。

――ミスドに行ったら何を選びますか?

僕はフレンチクルーラーの一択ですね。

ちょっと調べてみたら、ドーナツにはイースト菌で作るドーナツ、ベーキングパウダーで作るドーナツ、シュー生地で作るドーナツがあって、フレンチクルーラーはシュー生地だったんですよね。

僕、やっぱりシュー生地が好きなんだな、と思いました(笑)。

でも、もうちょっと上の世代の方だと、お母さんが家で作ってくれるお菓子というイメージがあるかも知れないですね。

――確かにそうかもしれませんね。

僕らの世代だと、ドーナツといえばひたすらミスタードーナツ。

スイーツを選ぶ楽しさは、ミスタードーナツで覚えたかも。

――他にどんな思い出が ありますか?

小学生のころ、友達の家に遊びに行くときに親に持たされた思い出があります。逆に友達が持ってきてくれることもあって。

そのときはフレンチクルーラーの奪い合いでしたね(笑)。

中学生くらいになると、友達と駅前で遊ぶようになるんですけれど、福島駅のミスタードーナツにはよく行きましたね。ちょっとドキドキしながら、イートインで食べるみたいな。

マクドナルドの次のステップくらいが、ミスタードーナツでしたね。

田舎の中学生はそこが多分一個のステップなんですよ(笑)。

――そういう思春期の思い出もあり(笑)。

そうですね。福島駅東口のミスタードーナツは、常に僕の青春の傍にありました。

――中学生はカフェには入りにくいですからね。

高校生の時は、多分スターバックスはなかったですもん。あったかもしれないけども、病院に入っていて、駅に作ればいいのにと思っていましたね。

なので、ミスタードーナツは初めてのデートに使えるお店だったかもしれないですね。

――制服を着た若いカップルがミスドデートとか、なんかいいですよね(笑)。

お店はガラス貼りになっているじゃないですか。前を通るときは、必ず誰か知り合いがいないかを確認したりして。これって田舎あるあるですよね(笑)。

――14~15年くらい前には、クリスピー・クリーム・ドーナツも流行りましたね。

僕はクリスピー・クリーム・ドーナツを知ったのが遅くて、東京に出てきて初めて出会いました。舞台の差し入れに多くて、「何だこのおしゃれなドーナツは!!」と(笑)。

――その後は、焼きドーナツとか生ドーナツとかクロナッツとかも流行りました。

進化がすごいですよね。それこそポン・デ・リングもチーズパンのポン・デ・ケイジョが元なんですよね。

ポン・デ・リングは僕が小学生の頃に出てきたんのですが、2000年くらいですかね(注:2003年)。

――あのポン・デ・ライオンのグッズが欲しくてお店に行きましたよ。

やたらかわいかったですよね。

ドーナツは歴史ある家庭のお菓子だった思うんでけれど、どんどん新しいのが出てきますよね。

お皿にのってデザートっぽい感じで出てきたりとか。だからおもしろいですよね。

――ギャラクシーっぽいやつとか、デコったやつとかありますよね。         

文化ですよね。見た目がかわいい。

――まだまだ進化しそうですよね。

でも、ちょっと大人になってきて、オールドファッションの良さがわかるようになりました。

自分の年齢によって好きなドーナツが変わってくるのが面白いですよね。

だからドーナツには楽しいお菓子のイメージがあります。

ちょっと特別なときにあるお菓子というか、ちょっとしたご褒美というか。

――あとは何かドーナツで話したいことはありますか?

ドーナツの穴の話ですかね。諸説ありますけれども。

――ドーナツの穴は何のためにあるのか? 火の通りを良くする以外にも説があるんですね。

中には「絶対に違うでしょ」っていうのもあるんですよ。

船の舵輪にかけられるようにとか。もともと真ん中にクルミをのせて揚げていたのが、アメリカではクルミが採れなかったからとか。インディアンの矢が突き刺さって真ん中がなくなったとか。

嘘でしょっていうような(笑)。

――確かにそうですね(笑)。

最初に作った人の頭の柔軟さはすごいですよね。穴を開けることで、火の通りは絶対に良くなるし。

ドーナツがこのリング状じゃなかったら、ここまで取り沙汰されていなかった気がします。

でも、僕、中学生くらいのときはドーナッツ離れしていたんですよね。

――なぜですか?

パンもドーナツも100円くらいじゃないですか。

でも、真ん中が空いているドーナッツは質量が少ないですよね。同じ値段なのに贅沢だなと。

中学生の頃は食べ盛りで「質より量」だったので、ドーナツ離れしていましたね。

――最近ブームは少し落ち着いた状況ですが、これからも目が離せませんね。

また進化があったら注目されそうですよね。絶対形は変わらないとは思うんですが、どんなドーナツが出てくるのか楽しみです。

――そうですね。ありがとうございました。

撮影|伊藤 駿


安孫子さんが所属するCandy Boyってどんなグループ?

Candy Boyは2015年結成の「フレンチ」をテーマにしたトータルエンターテインメント集団。

おしゃれなレストランやカフェを貸し切って行われる「カフェ公演」を中心に活動し、フレンチポップな楽曲やバレエリズムダンスが融合したお芝居でファンを魅了しています。

最大の特長は、ボーイズグループ随一といっても過言ではないエレガントさ。

メンバー8人が紅茶アドバイザー、チョコレートマイスター、チーズソムリエ、アロマ調香スタイリストなど得意分野の資格を取得しています。

Candy Boyについてもっと知りたいという人は公式サイトをチェック!
https://candy-boy.jp/