安孫子宏輔(Candy Boy)の「あびこ菓子」 〜幸せって食べたら甘いと思う。〜 #017 栗

Candy Boy・安孫子宏輔さんのスイーツ連載「あびこ菓子」。 前回のモンブランに続き、栗の和菓子をテーマにお届けしようと思ったのですが、栗本体の話になりました


第17回 安孫子さんと栗

――前回はモンブランでしたので、今回は栗の和菓子をいくつかお持ちしました。

秋の味覚で「芋」「栗」「かぼちゃ」だったら、やっぱり栗のスイーツが多いですよね。

――小さい頃、栗拾いはしましたか?

遠足でしました!

栗を見つけるとテンションが上がりますよね。

小学校くらいのときだけじゃなく、今もそうかもしれないですけれど、自然の中で「食べられるもの」を見つけたときの興奮といったら(笑)。

――田舎に住んでいると、下校中に食べられるものに出合えますよね(笑)。栗を拾った思い出もあります。

都会に住んでいる方は、栗に触れたことがない人もいるわけじゃないですか。

触るとちゃんとトゲトゲが痛いんですよね。なるほど、これで鳥から実を守っているのか、と学んだり。

あと、おじいちゃんの家で栗をむくお手伝いをした記憶はありますね。栗ご飯や栗きんとんを作るのに。

――そう考えると、秋といえばやっぱり栗ですよね。まぁ、栗羊羹は年中ありますけれど……。

日本の場合、絶対に年に一度栗のフェアがあるじゃないですか。

9月・10月の風物詩的なものですよね。

いまでこそハロウィンの影響で、だいぶかぼちゃのオレンジ色のイメージも強くなってきましたけれど、秋ってやっぱり栗のイメージですよね。

実りの秋の象徴かなと。

――そうですね。

そういえば、栗って自然になっているイメージは強いですけれど、育てている人はいるんですよね?

いないと困りますよね?

――栗農家さんがいないと、日本の秋の味覚を支えらきれないですよね。

もっと誇ってほしいですよね、外に向けて。

今年栗採れなかったわ~とか、今年落ちてなかったからごめんなさいで、済まないですもんね。

――確かに。

人知れず栗を扱い続けている人がいて、その人はずっとあのトゲトゲと格闘し続けていて……。

――ありがたいですね。でも、品種改良とかで「トゲ無し栗」とかあったりして。

それはもはや栗なのか、という感じがしますけれど、これだけいろんな野菜や果物が品種改良されているので、きっとありますよね。

栗に関する知識が乏しいので、どんどん栗に興味が湧いてきた!

ありました! トゲのない栗!

――栗は知らないことだらけですね。来年のシーズンまでには知識を深めたいと思います。では最後に締めの一言をお願いします。

日本原産の栗の魅力を今一度噛み締めてから、今年の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか?

――ありがとうございました。

撮影|伊藤 駿


安孫子さんが所属するCandy Boyってどんなグループ?

Candy Boyは2015年結成の「フレンチ」をテーマにしたトータルエンターテインメント集団。

おしゃれなレストランやカフェを貸し切って行われる「カフェ公演」を中心に活動し、フレンチポップな楽曲やバレエリズムダンスが融合したお芝居でファンを魅了しています。

最大の特長は、ボーイズグループ随一といっても過言ではないエレガントさ。

メンバー8人が紅茶アドバイザー、チョコレートマイスター、チーズソムリエ、アロマ調香スタイリストなど得意分野の資格を取得しています。

Candy Boyについてもっと知りたいという人は公式サイトをチェック!
https://candy-boy.jp/